Easy Living的コード進行でのソロ例

Easy Living的コード進行でのソロ例です。
この曲はバラードで演奏される事の多い曲ですが、今回はそのバラードでの演奏についてです。

バラードのアドリブでのコツは「音を詰め込んで、休む」です。
テンポがゆっくりな曲の場合、技術的に簡単そうに思えますが、実は逆です。

ダラダラと長い音符を使わず、1拍の中に音を詰め込むようにしてみます。
つまり、16分音符よりも速い音符で一気に吹き抜けるようにしてみます。

そしてその後に休む。この休符の長さがメリハリを出すということになります。
ここでの楽譜は16分音符を多用し、そのフレーズの間は2拍以上の休符を入れています。この休符を長いと感じるか、短いと感じるかがポイントになると思います。

もちろん長い音符を入れてアドリブをするのも全然OKですが、そればかりではバラードは退屈なものになってしまいます。
音符を詰め込む→休むを徹底してみましょう。

楽譜のダウンロード(PDF)

Share Button

PR