Doxy的コード進行でのソロ例


「ドキシー」コード進行でのソロ例です。
今回のコンセプトは「ダブル・クロマチック・アプローチを使う」です。

演奏難易度★★☆☆☆

「アプローチ・ノート」は目的の音に向かって使う導音です。ジャズでは半音下の音をよく使い、「クロマチック・アプローチ」となります。

その「クロマチック・アプローチ」が2音、半音階で進む場合を「ダブル・クロマチック・アプローチ」と言います。

わかりやすく言うと「1拍以上の半音階」です。

半音階も上昇型だけではありません。下降型もあります。通常のクロマチック・アプローチでは上からの半音階はあまり使われないので、ダブル・クロマチック・アプローチになる場合が多いです。

今回は4拍目にダブル・クロマチック・アプローチを多用しています。

それにしてもこの「Doxy」という曲はドミナントセブンばかりのコードで、本当にコードトーンの通りに演奏するととんでもなく難しい曲です。

しかし、いろいろなプレイヤーの演奏を聞くと分かりますが、ドミナントをマイナーセブンとして演奏しているフレーズがたくさんあります。

ドミナントセブンも#9thというテンションを使うと考えれば、通常の3rdの音じゃなく、マイナースケールでもいけるということです。

つまり、ダイアトニックコードになるので、アドリブしやすくなります。今回も色々なところでマイナーに変えてみたり、ブルーススケールにしてみたりしています。

楽譜、音源のダウンロードはこちら




PR