Come Rain Or Come Shine的コード進行でのソロ例


「カム・レイン・オア・カム・シャイン(降っても晴れても)」コード進行でのソロ例です。
今回のコンセプトは「奇数拍裏でアプローチノートを使う」です。

演奏難易度★★★☆☆

アプローチノートやパッシングトーンなどジャズのフレーズで半音の動きは必須です。

その半音の動きは「偶数拍の裏→奇数拍の表」が一般的です。まずはここで使えるようにしていきますが、「奇数拍の裏→偶数拍の表」ももちろん使う事はできます。

スケールで上昇/下降の場合によく使用しますが、奇数拍の裏で跳躍フレーズを使いたい場合に非常に効果的です。

スケールで行ったり来たりにしかならない場合は奇数拍でちょっと跳躍したときにアプローチノートを入れてみてください。

楽譜・音源のダウンロードはこちら




PR