Chameleonコード進行でのソロ例


「カメレオン」でのソロ例です。
今回のコンセプトはドリアンスケール+半音階です。

キーはGマイナーなので、シ♭、ミ♭が調号になりますが、実際はGm7-C7のII-V進行ばかりなのでGドリアン・スケールです。

ファンクなビートなのでGマイナーペンタトニックが王道スケールになりますが、今回はジャズっぽくシてみるということで、このドリアン・スケールを考えて作っています。

Gドリアンスケール
ソ・ラ・シ♭・ド・レ・ミ♭・ファ

分かりやすくすると「ミ」にナチュラルが付くだけですね。

さて、「ドリアンスケール」と言われると本当にこのスケール内でフレーズを作ろうとしてしまいますが、もちろんそれだけでは限界があります。

そのドリアン・スケールの間を埋めるように半音階を入れることで、フレーズにバリエーションを持たせる事ができます。

もちろんどこでもいいという訳ではありません。基本は16分音符の裏。つまり、16分音符の2音目と4音目です。臨時記号の多くはそこについているはずです。

もちろん1音目と3音目にも付きますが、そこはドリアンスケールにするためのミ・ナチュラルであったり、半音階を戻すナチュラルが主な使い方です。

音数を減らし、シンプルに行きたい場合はペンタトニック。普通に行きたい場合はドリアン・スケール、音数を増やしたい場合はドリアン・スケール+半音階という作り方というように、作りたいフレーズの音数によって変化させてみます。



PR