But Not For Meコード進行でのソロ例

But Not For Meでのソロ例です。
8分音符を連続して使うところを減らした、簡単バージョンでの作成です。

8分音符の連続は後半26〜27小節目にかけての6音が最長です。
それ以外は8分音符と4分音符の組み合わせなので、音数を減らしています。

このように音数を減らして書く時のコツは「タイ」の使いかたです。
8分音符を使わないとなっても、4分音符だけではなかなか上手く作ることは出来ません。いかに8分音符と4分音符を組み合わせるかです。

さて、簡単バージョンでも、それを簡単なままやるのではなく、出来る限りテンポを速くするという練習方法もあります。

速いテンポの曲の場合、どうしても8分音符を連続で演奏出来なくなるという問題が出てきます。
この場合も基本的には同じように、4分音符と8分音符の組み合わせなどで対処します。

また、速いテンポを練習することにより、ゆっくりなテンポが落ち着いて、確実に演奏できるようになるので、出来なくても速いテンポを少しやっておくと非常に効果的です。

ダウンロード(PDF)

Share Button

PR