Bossa Antigua的コード進行でのソロ例


「ボサ・アンティグア」コード進行でのソロ例です。
今回のコンセプトは「■.5拍のモチーフを3回連続で使う」です。

演奏難易度★★☆☆☆

キーはFで、コード進行はIIm7-V7-IIIm7-VI7という逆循環進行です。

2-5-3-6は曲のエンディングでは定番の使い方です。とはいえ、曲のコード進行ではあまり見ないかも。普通の1-6-2-5(もしくは3-6-2-5)は定番ですが。

さて、今回は同じようなリズムの形を3回連続で使いますが、全て「■.5」拍というように中途半端な拍数にしています。

つまり、フレーズの表拍と裏拍が入れ替わります。

カッコのところが該当するフレーズになります。

聞くと分かりますが、同じ形を使ったようには聞こえないと思います。もちろんそこが狙いなのですが。

作成するソロなど、マンネリ化していく場合は何かしらアイデアを入れていかなければ打破できないです。

「表と裏を入れ替える」というのも立派なアイデアの1つだと思います。

もちろんこの表と裏を入れ替える場合はアドリブで出てくるようなものではないと思っています。瞬時に入れ替えるなんてなかなか厳しいです。

アドリブ譜を書く場合、いわゆる「書き譜」を作る時に使えるアイデアだと思ってみて下さい。

楽譜、音源のダウンロードはこちら




PR