Blue Moon的コード進行でのソロ例


「ブルー・ムーン的」コード進行でのソロ例です。
今回のコンセプトは「ドレミファソラシドで作る」です。

この曲のコード進行は「循環進行」とも呼ばれる「I-VI-II-V」のコード進行です。王道中の王道のコード進行です。Bセクションで一時的にE♭メジャーに転調しますが、ほぼCメジャー1発で出来るコード進行です。

今回は超絶シンプルに作るために「ドレミファソラシド」を並べただけのソロにしています。

振り仮名だけを見ると分かると思いますが、最初はド~ドで行ったり来たり。後半部分でド以外の音でも折り返していますが、基本的には「ドレミファソラシド」です。アルペジオも半音階も使っていません。

もちろんこれは強引極まりない方法ですが、振り仮名を見ただけで、こういう応用が効くかどうかです。

リズムによるアイデア、インターバルの取り方の2つが今回の主な使い方になりますが、ドレミファソラシドだけでもいろいろなアイデアが生まれます。

楽譜で音符を見るだけでなく、振り仮名を見ながら演奏したときに、上記のようなアイデアを持つことも管楽器でアドリブで重要な事だと思います。



PR