Blue Bossa的コード進行でのソロ例

ボサノバはテンポ120くらいで演奏することが多いですが、8分音符中心で演奏すると遅く感じてしまうテンポです。
そこで8分音符中心ながらもアイデアをたくさん取り入れ、色々と工夫してみます。

ソロの大部分で「3」という数を意識しています。

  • 2小節目-ソラド、ソラレ、ソラミというように3音グループですが徐々に音を高くしています。
  • 5小節目-レラ、ミラ、ファと3拍で徐々に高くなるようにしています。
  • 10小節目-3連符ですが、2音グループで徐々に高くなるようにしています。
  • 18小節目-レラ、レ♭ラ、ドラと3拍で徐々に低くなるようにしています。
  • 21〜22小節目-3音グループのアルペジオで徐々に低くなるようにしています。
  • 28小節目-3音グループのアルペジオで徐々に高くなるようにしています。

スケール練習でも取り入れたリズムのアイデアを使ってソロを構築した例です。

ダウンロード(PDF)

Share Button

PR