Bisキー + ミ・ソで人差し指の動き練習


Bisキーの練習です。

Bisキーにミ・ソの音を足してみます。

「ラ・シ♭・シ」+「ミ、ソ」というような感じになっています。

「シ♭」はBisキーを使い、「ラ#」はサイドキー(taキー)を使うことを推奨しています。

やはり右手・左手の両方を使うサイドキーは難しく、高速化するにはあまり向いていません。

それに対し、Bisキーは速い運指が行いやすくなります。もちろんデメリットは半音の動きが難しい事ですが。

さて、今回はそのBisキーの動きです。

速く動かすためには最低限の運指の動きにすることです。バタバタと指が動かないようにする必要があります。そのバタバタ動きにならないように、Bisキーを使うときはスムーズに動かす必要があります。

考え方は「通常ポジションからシ♭のときにBisキーにずらす」ではなく、「Bisキーを基本ポジションにして、シのときに上にずらす」ようにしてみます。

ラの時はBisキーを押していても問題ありません。さらに、ミ・ソもBisキーを押さえっぱなしでも問題ありません。

ということで、Bisキーを押さえている時間を長くするようにするだけでも変わります。

あとは「慣れ」です。

ちなみに、今回は[B]が一番難しいです。本当に速くならないです…。

あと、Eブルーススケールになっているので、このような運指はよく使います。




PR