Autumn Leaves的コード進行でスケール練習(オルタード・スケール)


「オータム・リーブス/枯葉」コード進行でスケール練習です。
コンセプトは「マイナーII-Vでオルタードスケールを使う」です。

オルタードスケールとはドミナントセブンで使えるスケールの1つで、オルタードテンション(♭9th、#9th、♯11th、♭13th)をすべて含んだスケールとなります。

さて、そのオルタード・スケールですが、難しくて覚えづらく、使ってもなかなかハマらないスケールの1つです。

しかし、逆に簡単になるところというのもあります。それがマイナーII-Vでのドミナントセブン。

枯葉ならB7です。

オルタードスケールは半音上のメロディックマイナースケールと同じ音です。つまり、B7ならCメロディックマイナーと同じ。調号はミ♭のみです。

Bミクソリディアンとか考えると逆に難しいです。

B7はミ♭のみでOK。

ということで、わかりやすくするために、B7は5回出てきますが、下記のように考えてみました。

  1. スケール上昇
  2. スケール下降
  3. アルペジオ上昇/下降
  4. スケール・アルペジオ複合
  5. 2拍下降

そして、E7も次がAm7なので、マイナーII-V的に考える事もできます。

半音上(F)のメロディックマイナースケールなので、シ♭とラ♭ですね。

ちなみに、自分はメロディックマイナースケールを考えるときは「メジャースケールから♭3」と考えています。

楽譜・音源のダウンロードはこちら




PR