4音半音階の上昇下降


半音階を4音、半音ずつ上昇下降するスケール練習です。

半音階の譜面なので、楽譜を見るほうが逆に難しいです。まずは4音ずつ半音階を上昇/下降することが出来るようにします。

止めずに演奏できることが目的です。

基本的には拍の最初の音をしっかりと覚え、しっかりと半音階の運指に反応し、考えなくても半音階の運指が出来るようになることが目的です。

そして「B」は16分音符分ずらしたものです。

こうなると、最初の音だけでは出来ません。表拍の音(タイで繋がれた最後の音)までしっかりとイメージできないと、この半音階は出来ません。

「A」で無意識でも出来るような運指の練習となりますが、「B」は無意識からまた音を考える練習になります。

AとBでは全然レベルが異なりますが、半音階を確実にできるようにしていくための練習です。

半音階なのでカラオケはどれを使っても大丈夫です。ここではモリタートの100でやっています。



PR

4音半音階の上昇下降」への1件のフィードバック

コメントは受け付けていません。