4音半音階の上昇下降・パームキー


前回の「4音半音階の上昇下降」を高音域でパームキーを中心に行ったものです。

パームキーは半音階でも難しく、指がバタつきやすいところです。運指の難易度も上がります。

今回はさらに、タンギングの要素も付け加えます。

基本的には裏拍タンギングです。このパームキーあたりは運指を勘でやってしまいがちです。

勘でやってしまうとタンギングと運指が全然合わなくなってしまいます。

しっかりとコントロールし、運指とタンギングを合わせるようにします。

[A]は半音ずつ上がるパターンで、パームキーを使っています。

[B]はそれを16分音符ずらしたものです。タンギングの位置に気をつけます。

[C]は基本的にCメジャーキーでのパターンです。拍の最初の音と最後の音がCメジャーのスケールの音になるような組み合わせを書き出したものです。




PR