3連ハネとストレートの切替アルペジオ


「スウィング感」は難しく、ただ単純に3連符でハネるのではありません。ちゃんとコントロールする必要があります。

そこで、4音アルペジオを利用してスウィング感もコントロールする練習です。

音使いはGメジャーでの4音アルペジオです。これは定番のアルペジオ練習です。

ここにちょっとしたリズムの変化を与えて、3連符(いわゆるハネる)のリズムとストレート(普通の8分音符)を交互に演奏してみます。

AもBも2拍ずつ交替していますが、Bのようにズラすのも非常に効果的です。

3連符とストレートははっきりと違いが分かるようにしましょう。3連符じゃなく、付点8分音符気味でも大丈夫です。

これをメトローノームに合わせながらやってみたり、なにか曲に合わせながら吹いてみます。

最初はなかなかリズムの切り替えができず、3連かストレートのどちらかだけになってしまします。

両方を使い分けることがスウィング感を身につけるコツです。




PR