3度音程+オクターブ跳躍の練習


3度音程の練習にオクターブの運指も混ぜた練習です。

基本的には3度インターバル→オクターブ跳躍→3度インターバル→7度インターバルの繰り返しです。

3度音程を音階名だけでなく、混乱しやすいオクターブキーの動きも含めてしっかり叩き込むためのスケール練習です。

Aを基本形にして、Bは3連符で3度インターバルをスケール的に分解しています。跳躍がないですが、その分、速くしています。

AよりもBの方が基本的なので、こちらの方を先に練習するほうがいいかもしれません。

CはAを半拍遅れにしたものです。裏拍始まりにしただけで超絶難しくなります。しっかりと表拍の音を感じながら演奏する必要があります。

どれも速くすると急激にできなくなる「テンポの境目」があります。これを少しづつ速くしていけるようにしてみます。




PR