音を出さずにサックス運指練習【左手編】


サックスは音を消すことがほぼ不可能な楽器。しかし、家で練習したい。
そういうときは音を出さずに運指練習をやってみます。

まず最初に、音を出さないように息を入れてみます。フーっという息の他に、少しサックスの音が混ざるようになっています。

もしここでサックスの音が何も聞こえない(息の音しか聞こえない)場合はアンブシュアの噛み過ぎ問題や、息の入れ方の問題があります。これは別の機会で。

さて、左手の練習なので「ソラシド」の運指が基本になります。

まずはウォームアップで「ソラ」のみ。やはり薬指の弱点克服がメインです。

その後に「ソド」。これもサックス奏者の弱点です。薬指と人差し指が同時に動かないので、これをしっかりと叩き込みます。

それから「ソド・ソラ・ソシ」「ラソ・ラシ・ラド」「シソ・シラ・シド」「ドソ・ドラ・ドシ」というように、それぞれの組み合わせをやってみます。

それぞれ30秒。出来る限り速く、休まずに続けるようにします。

続けると自分の指の動きとイメージにズレが生じてきます。これが弱点でもあります。

しかし、やりすぎには注意。腱鞘炎の原因になります。まずは30秒✕5種類。休憩入れても5分。これで十分の運指練習です。




PR