弱点運指を克服するためのスケール練習 オクターブ切替編


サックスにとってスケール練習は重要な練習の一つです。
練習方法によって色々と目的も変わってきますが、今回は運指を鍛えることに特化した方法です。

ただ闇雲にドレミファソラシドを登ったり降りたりしているだけでは運指も鍛えられません。むしろ何も考えなくなるという意味で、デメリットすらあります。

そこで、効果的にスケール練習と運指練習を混ぜる方法です。

Cメジャースケールを使って行います。

Cメジャースケールで一番難しいのはド-レのオクターブの切替です。

ここを中心に、1音ずつ上と下の音を足していっているだけです。

最初はド−レ、次にシ−レといったように1つ下の音を足し、さらにその次はシ−ミといったように上を足していきます。

これは苦手・弱点を中心にスケールを組み立てていきます。

曲に「ドレミファソラシド」と順に並んでいる曲はありません。つまり、いくらドレミファソラシドを練習しても曲で出てこない運指をやっているだけです。

それでは意味がありません。

弱点に特化した方法を見つけ、そこを徹底的に行う方法です。




PR