左手親指(オクターブキー)の動きについて


オクターヴキー(左手親指)はサックスで痛めやすい指です。

負荷がかかりすぎては動きが遅いだけでなく、痛くなり、腱鞘炎になる可能性もあります。 そこで、左手親指の動きをしっかりと見直す必要がります。

左手親指には痛くなる場所が2箇所あるので、それぞれの対策を考える方法です。

痛くなる場合は力を入れすぎというのはもちろんですが、力を抜くだけでは演奏はできません。

無駄な力が抜けるフォームが大事になります。

極意は手首の角度にあります。




PR