右手サイド A#キー(taキー)の動きとオクターブ跳躍の組み合わせ


サックスの弱点運指の1つが右手サイドキー。特にラ#キー(taキー)の動きは右手と左手の両方を使う運指なので、間違いやすい運指です。

bisキーで行うことも出来ますが、半音階の場合はサイドキーを使うことを勧めています。

速い運指の中でこの「ラ#/シ♭」が入ると間違えやすく、いわゆる「走る」という原因にもなりやすい運指です。

さらにこのサイドキーにオクターブの跳躍運指(左手親指のオクターブキー)が入ると左手と右手の動きの組み合わせになるので、さらに難易度が上がります。

そこで跳躍を含めた運指練習。

しっかりと運指の速さをコントロール出来るようにしてみましょう。




PR