アルペジオ(上昇)+半音階(下降)+スケール(下降)練習


ジャズフレーズに対応するスケール練習です。
アルペジオ(上昇)+半音階(下降)+スケール(下降)練習となっています。

6拍のよくあるジャズフレーズパターン、2拍ずつアルペジオ→半音階→スケールの組み合わせです。

それをキーCとGで、始まりの音を各スケールの音(ドレミファソラシ)から始めたパターンにしています。

アルペジオ(3度音程)で上昇し、下降していきますが、半音階を挟むのがポイントです。

しかし、ただ単純に半音階を下降するとキーと違う音になってしまいます。表拍がメジャースケール内の音にし、裏拍で臨時記号を使うのが半音階のポイントです。

咄嗟にこのような音使いが出てくるようにするためにはやはり慣れが必要です。キーとアルペジオとスケールに挟まれた半音階の使い方をしっかりとやり込んで、それこそ染み込ませておくとフレーズも作りやすくなります。




PR