アプローチノートを含んだアルペジオ練習(Cmajor & Gmajor)


ジャズでよく使われるアプローチノートとアルペジオを混ぜたスケール練習です。

[A]はCメジャー、[B]はGメジャーになっています。

2拍ごとのグループになっており、それぞれ最初の音がド、レ、ミ、ファと順に上昇/下降するようになっています。

ここでポイントが2拍目の裏と4拍目の裏の音。これが次の音(ターゲットノート)の半音下になっています。

半音下のアプローチノートの場合はさらにその1つ前の音(ここでは2拍目と4拍目の表拍)はターゲットノートよりも高い音になることが重要です。

アルペジオ+アプローチノートはその形を作りやすく、アドリブフレーズでも多用される音の並び方です。

1.5拍でアルペジオ、残りの0.5拍でアプローチノートを使えるための実践的なスケール練習です。




PR