「You’d Be So Nice To Come Home To」でのソロ例(Ver.3)


「You’d Be So Nice To Come Home To」でのソロ例です。
今回のコンセプトは「ソロを簡単にしてみる」です。

※テーマ部分の楽譜はありません

今回のソロはなるべく音数を少なく、8分音符も控えめにしています。もちろん8分音符を使わないとジャズ感も出ないので、全く使わないということはありません。

8分音符を使っても同じ音を続けるというアイデアもあります。スケールを上昇・下降するだけでも前後に音を伸ばしたり、短く切ったりするだけでもOKです。

避けたい使い方は同じ音を使って上昇・下降を繰り返すこと。それなら短くきったり、リズミックなフレーズを入れたりと音数を減らすほうがかっこよくなります。

音数を増やす練習方法もありますが、音数を減らす練習も効果的です。

楽譜・音源のダウンロードはこちら




PR