「White Christmas」でのソロ例


「ホワイト・クリスマス」でのソロ例です。
今回のコンセプトは「16分音符の後に4分音符より長い音を使う」です。

有名なクリスマス曲です。期間的に1ヶ月位なので、その位の練習期間で出来そうな感じにしています。

さて、今回は16分音符を使っていますが、テンポは速くないので、難易度はそれほど高くないと思っています。

ポイントは16分音符の後に長い音符を持ってくること。フレーズが16分音符で終わらないようにしています。少しリズムが揺れても長い音符でリズムを調整することも可能なので、速い音符のフレーズでも止まらずに演奏できるようになると思います。

曲は途中で止めずに、しっかりと最後までやりきるように。そういう意味でリズム調整しやすく作っています。

楽譜・音源の購入はこちら




PR