「Unforgettable」でのソロ例


「アンフォゲッタブル」でのソロ例です。
今回のコンセプトは「バラードでしっかり休符を作る」です。

※テーマ部分の楽譜はありません

ナット・キング・コールとナタリー・コールの共演が有名なバラードのスタンダード曲です。

ナット・キング・コールとナタリー・コールのバージョンではキーがF(サックスでD)になっていますが、ここはスタンダード集に掲載されているキーのG(サックスでE)にし、テンポも遅めにしています。

さて、かなり独特なコード進行でトーナリティ(キー)が分かりづらい曲です。キー表記はEですが、最後のコードはAになっています。つまり、「キーがEかAか分からない曲」です。

コードはII-Vを中心に流れているので、アドリブも基本的にはII-Vのキーに合わせて演奏すると大丈夫です。

D△7-G7などはBm9-E7(alt)で、III-VI-II-Vのコード進行と解釈するとキーはAのアプローチで演奏することができます。

今回のソロは休符を多く取り入れるようにしています。バラードでしっかり休符を数えることが目的です。

長い音符で休符もなく演奏するとダラケてしまいます。速い音符を使ってしっかり休むようにしてみましょう。

https://youtu.be/bFWOa8dDeU8



PR