「Summertime」でのソロ例


「サマータイム」でのソロ例です。
今回のコンセプトは「半音階を使う」「ブルーノートを使う」の2つです。

キーはF#マイナーで、アルトでテーマを演奏するには難しい音域(高すぎる、もしくは低すぎる)です。16小節×2の曲なので、1回目はオクターブ下、2回目はオクターブ上で演奏することもありますが、今回は2回とも高い方にしています。

さて、今回は半音階をたくさん使うようにしています。

やはり半音階はジャズ特有のフレーズ作りで欠かせないもの。なるべくコードトーンを考え、臨時記号が裏拍に来るようにすると使いやすいと思います。

これが自然と使えるようになってくるとジャズフレーズがどんどんと作れるようになっていくと思います。

さらに今回はブルーノートもよく使っています。

マイナーのキーなので、♭5がブルーノートです。つまりここでは「ド・ナチュラル」がブルーノートです。D7ではコードトーンなので自然と使えますが、F#mのコードでも使えるとフレーズも幅が広がると思います。

楽譜・音源のダウンロードはこちら




PR