「Just The Two Of Us / Bossa Arrange」でのソロ例


「Just The Two Of Us」をボサノバ(サンバ)アレンジしたものでのソロ例です。
今回のコンセプトは「16分音符でシンコペーションする」です。

キーはDマイナーです。

ボサノバともサンバとも言えるテンポです。ジャズのサンバとボサノバについては明確な違いがなく、テンポが速ければサンバ、遅ければボサノバという感じで大丈夫だと思います。

さて、テンポは75くらいを想定しています。

ブラジル系だろうがアフロキューバ系だろうが、いわゆるラテン系のリズムでの演奏のコツはシンコペーションの使い方だと思っています。つまり「タイ」をどのように使うかです。

今回はその16分音符での「タイ」を多用しています。つまりリズムも難しくなるということです。ただし、テンポがそこまで速いわけではないので、慣れるくらいにはちょうどいいくらいだと思います。

スケールは基本的にDマイナースケール(ナチュラルマイナー/ハーモニックマイナー)を中心に、F7でミ♭を使うようにしています。

走らないよう、しっかりとリズムキープしてみましょう。


楽譜、音源の購入はこちらから
https://note.com/katsukado/n/n45a227ae5279




PR