「Jailhouse Rock」でのソロ例


「監獄ロック/エルヴィス・プレスリー」でのソロ例です。
今回のコンセプトは「メジャーコードでドリアンスケールを演奏する」です。

エルビス・プレスリーのJailhouse Rockです。コード進行はB(実音D)のブルースですが、12小節ではなく、16小節のブルースになっています。

さて、キーがBだとシャープの数の多さから敬遠しがちですが、ロックではコードがメジャーでもマイナーのメロディーを演奏することがほとんどです。特にこのようなブルージーな感じでは。

メジャースケールで演奏するよりも「ブルーノート」を使うブルーススケールで演奏するほうが曲調に合いやすくなっています。

ブルーススケールはマイナーペンタトニック+♭5の音なので、マイナーのスケールです。

つまり、Bメジャーで考えるよりもBマイナーでソロを演奏してもいいんじゃないかということになります。
Bマイナーだと調号2つなのでジャズのスタンダードと変わらないですね。

しかし、今回はそこに「ソ」を半音上げて、Bドリアン・スケールで全体を演奏するようにしています。理由はE7というコードが入るからです。

ということで、Bドリアン・スケール+♭5(ブルーノート)という考え方で作っています。


楽譜・音源のダウンロードはこちら
https://note.com/katsukado/n/ne2fb2632b151




PR