「It Could Happen To You」でのソロ例


「イット・クッド・ハプン・トゥ・ユー」でのソロ例です。
今回のコンセプトは「♭9を使う」です。

It Could Happen Tou YouはキーがCですが、マイナーII-Vが多く使われています。ダイアトニックコードのIIm7、IIIm7、VIm7へのII-Vなので、理論的にはセカンダリードミナントとそのリレイテッドマイナーという解釈になります。

とりあえず理論的には難しいので、マイナーII-Vに対応するべきと考えておくだけで大丈夫です。

さて、マイナーII-Vではドミナントセブンで♭9thの音を使えるようにしてみます。

♭9thはA7ではシ♭、E7ではファというように、ルート音の半音上の音です。ルート音の半音上なので、不協和な音ですが、フレーズの中に入れると溶け込む音になります。

マイナーII-Vでどんどん使えるようになってみましょう。

https://youtu.be/O-DH2phnUJs



PR