「Desperado」でのソロ例


「デスペラード」のソロ例です。
今回のコンセプトは「32分音符を使う」です。

※テーマ部分の楽譜はありません

イーグルスの代表曲の一つ、デスペラードです。

コード進行はよくある普通のコード進行ですが、サブドミナントマイナーであるIVmでしっかりとコードトーンを出せるようにするといいでしょう。

また、2/4拍子が入るので、そこで拍を見失わないことも重要です。

さて、今回は32分音符も使っています。

バラードではよく使われる速いフレーズです。横棒が3本もあるので、敬遠されがちなリズムです。

もちろん速いので運指技術も重要になりますが、まずはリズムをしっかり捉えることを意識します。

テンポ60の32分音符はテンポ120の16分音符と同じです。120でスケール練習を念入りにしておくと比較的つかみやすいと思います。

ただし、32分音符の1拍半のフレーズは右手小指を使うのでかなり難しいと思います…。

楽譜・音源の購入はこちら
https://note.com/katsukado/n/n977fc0f73693




PR