Half-Whole Diminished Scale(コンビネーション・オブ・ディミニッシュ)練習

Half-Whole Diminished Scaleの練習パターンです。

半音−全音と組み合わせると全く同じ音になることから、ディミニッシュスケールには3種類あります。
詳細は理論書などを参考にして下さい。

ここではC7で使えるディミニッシュスケール「C,D♭,D#,E,F#,G,A,B♭」の練習をしてみます。

ディミニッシュスケールの導き出し方です。
C7を例に出してみます。

  1. C7のコードトーン「ド・ミ・ソ・シ♭」
  2. 3rd、5th、7th(ルート音以外)の半音下「レ#(3rdの半音下)、ファ#(5thの半音下)、ラ(7thの半音下)」
  3. ルート音の半音上「ド#」

ディミニッシュスケールは上記の3項目を足した「ド、ド#、レ#、ミ、ファ#、ソ、ラ、シ♭」です。
理論上、♭9thや#9thなどと言われますが、こう覚えるほうが簡単だと思っています。

さて、そのスケールをパターン化した練習です。
4音(2拍)を1グループにして、下降していきます。1音目と4音目が同じ音になっています。

ディミニッシュスケールはそのメカニカルな特性を活かしたフレーズがよく使われるので、パターン化した練習も非常に効果的です。
パターン3や5などはコードトーン始まりなので、コード感を強く出すことも出来ます。

よく用いられるのがリズムチェンジ(I Got Rhythm)のコード進行でいわゆる「A」の部分です。2拍ずつコードが変わっていきますが、敢えてディミニッシュスケールだけで行く方法があります。

ここではC7(E♭7、F#7、A7)のスケールパターンのみ掲載してみます。必要とあれば移調して行ってみてください。
HWDiminish-Scale-1

HWDiminish-Scale-2

ダウンロード(PDF)

Share Button