3音入れることでフレーズに変化を付ける練習

3音入れることでフレーズに変化を付ける練習です。
Dm7で演奏するとスケール的な「基本フレーズ」のような演奏になりすぎてしまう場合に用いてみます。

ここに2拍目の裏から3音足し、変化フレーズのように変えてみます。
この時には6度以上の跳躍音程を使うと効果的です。

3音を足した後にまた戻ることも重要です。表拍にアクセントが付くようになるので、強弱のポイントも変化するので惹きつけられるようなフレーズに変わります。
ジャズフレーズは裏拍にアクセントを付けるように演奏するのが基本ですが、敢えて表拍アクセントに持ってくるのもフレーズ作りのコツと言えます。

また、ここではアプローチノートも足していますが、入れても入れなくてもどちらでもいいです。
お好みで。

応用フレーズは6度以上の音程にしてみたりしています。ここに記載したものはいわゆる定番ですので、他にも3音部分を変えてみるのもいいでしょう。

スケール練習もただ単純に上昇&下降を繰り返すだけでなく、フレーズのアイデアとした実践的な練習内容に変化させる例でもあります。

3音入れることでフレーズに変

ダウンロード(PDF)

Share Button