3度音程練習とリズムバリエーション

サックスの3度音程のスケール練習です。
このスケール練習は定番練習で、速く正確にできるようにします(出来ない場合は高音域の1オクターブだけでも大丈夫です)。

しかし、1番目に記載したものだけではなく、同じ音使いでも休符を入れてみます。
これだけでかなり難易度が変わります。

まずはメトロノームで1拍刻みにし、8分音符になっている1番目と2番目の違いをしっかりと理解しましょう。
その後に16分音符(メトロノームを半分のスピードにしてみる/実際に演奏している速さは同じ)にし、3番目以降にも挑戦してみてください。

もちろん「速く」というのが大事ですが、それ以上に「リズムの正確性」を重要視してください。

1番目だけでも運指技術は向上します。しかし、それだけでは「走る」「指が転ぶ」といった現象に陥りやすい面も持っています。
ここでは「速さのコントロール」を主に考えているので、リズムを正確に取れるようにするだけでもかなりの上達ができます。

また、「1番が速くできたら2番目以降も速く出来る」と思わないようにして下さい。
難易度が激変しますので、大体1/3〜1/4位のテンポまで落とさないと出来ません。逆に1番目をしっかりやり過ぎた人にとっては2番目以降はかなり難しくなります。

確実に!!

3度音程練習とリズム1

3度音程練習とリズム2

ダウンロード(PDF)

Share Button