3度音程などのアルペジオ練習はサックスに限らずよく行われる基礎練習です。
この3度音程を少し変化させてみたのが下記のような練習方法です。

通常の3度音程も3連符にするだけで難易度が激変します。
同様に、3音でのアルペジオも8分音符に変えてみるやり方もあります。

このように音符の数と拍数が異なるものを「ポリリズム」と呼びます。サックスは運指も音も考える必要があるので、このような音符も同時に考えることが苦手な楽器です。

そこでこのようなスケール練習を行ってみます。

A〜Cは基本練習ですが、D以降では小節によって音数を変えています。
ここまで来ると「4拍/1小節」ということまで考えるので更に難易度は上がります。
しかし、アドリブなどでこのようなフレーズを入れることが出来るようになるとフレーズだらけの指練習に聞こえるようなソロから脱却できることが出来ます。

E♭管では枯葉やモリタートなどのカラオケを使い、このまま演奏出来るようになってくるとこの「運指」「音」「拍」「小節」などを感じやすくなります。

ダウンロード(PDF)

Share Button