半音ずつ上昇・下降するメジャースケール練習

スケールの調号(#や♭の数)がすぐに対応できるようにするための練習方法です。
内容としてはかなり難しい練習方法です。

4音ずつ、メジャースケールの上昇&下降になっています。
条件は止めないこと。メトロノームを使ってなるべく均等なスピードで行って下さい。もちろんサックスは息継ぎが必要になってきましが、それでも均等なスピードで止めないようにするようにします。

4音ずつ止めて、ゆっくり考えてから吹くのでは大して効果はありません。
4音を吹いている時間内に次のスケールのことを考え、それを間違えないように演奏することが目的です。最初はかなり遅いテンポから、スタートし、徐々に小節数を増やすような練習になると思います。

これを譜面を見ずにやれるようになってくると調号への対応も早くなり、ミスを減らすことに繋がっていきます。

半音ずつ上昇・下降するメジ

ダウンロード(PDF)

Share Button