Perdido的コード進行でのソロ例

パーディド的コード進行でのソロ例です。
今回のコンセプトはブルーノートを使用する事です。

G6のコードでブルーノートである♭3rdの「シ♭」を多用しています。メジャーコードで敢えてシ♭を入れ、ブルージーな雰囲気を出すようにしています。

もちろんただ単純に♭3rdの音を入れると考えているわけではありません。それがもう一つのポイントである「ミ」を多く使っていることです。

これはG6の6thの音ということですが、この場合はEマイナーを考えています。つまり、Eマイナーペンタトニックに♭5thの音であるブルーノートを足したEブルーススケールで(ミ・ソ・ラ・シ♭・シ・レ)でフレーズを考えて作っています。

GというコードでGメジャーではなく、Gブルーススケールでもなく、平行調のEマイナーブルーススケールを使用することがポイントです。

「Imaj」コードで平行調のブルーススケール(Cメジャーの場合はAマイナー)はオイシイ音になりやすく、臨時記号の無いダイアトニックコードで構成された曲には効果的です。

Share Button

PR