4度音程のスケール練習

3度音程のスケール練習は定番ですが、今回は4度音程をメインに考えたスケール練習です。
Aが4度音程の積み重ね、BとCがそれの転回形です。

4度音程は裏返りやすい音(特にレ↔ラ)も含むので、裏返らないように丁寧に速く吹けるようにしてみます。

コードトーンの3rd↔7thは4度音程。コードの中でも重要な音なので、そこが瞬時に判断できるようにするのがアドリブに対しての練習になります。

ジャズに限らず、ポップス形でもよくゴーストノートとして4度、もしくは5度下の音をメロディーの前に付け足します。
このようなパターンで瞬時に反応出来るようにしておくの必要な練習です。

ダウンロード(PDF)

Share Button

PR