サックスのアドリブコピー

サックスの練習方法

必要不可欠な練習

ジャズサックス上達に欠かせないのが有名プレイヤーによる演奏のコピー。サックスのアーティキュレーション(タンギングやアクセントなど)、フレージング等を学ぶには最適です。
また、譜面化(いわゆる耳コピ)していくことで自分の弱点(読譜、音感、リズム感など)も明確になり、最も効率的な練習方法とも言えます。その分、つらい練習になります。高負荷・高効果な練習内容です。

市販楽譜

市販されている楽譜も多数あります。それを使うだけでも十分な練習になります。
輸入書籍がほとんどですが、アマゾンで通信販売も可能です。そこから効果的な練習方法は「覚える」です。自分のフレーズとしてサックスで演奏出来るまで練習してみて下さい。

耳コピ

最初は耳コピをするのが非常に困難です。楽譜への書き取りやリズムの取り方などもわからず、間違いだらけの譜面になることもあります。
やはりサックスの耳コピをするには「慣れ」が必要です。最初は1小節取るのに1時間かかってもいいので、ひたすら聞く事が重要。もちろんCDのスピードを遅くする機器を使うのも方法の一つです。

CDのスピード変更

TEAC TASCAM CD-VT2
¥13,799~
ボーカル用トレーナーですが、もちろんサックスでも使えます。
音程を変えずにスピードコントロールがついている他、メトロノーム等の機能も備えているので確実!!

  • SSA (Slow Speed Audition)に+16, +12, +8, +4, -4, -12%のスピード変更
  • ボーカルエフェクター内蔵
  • ±16%(1%単位)ピッチコントロール機能、曲のキー変更も可能
  • ボーカルキャンセル機能にキャンセルする音の定位と周波数帯域の設定追加
  • ループ再生機能により練習したいフレーズを繰り返し再生して集中練習が可能。
  • 2本のマイクを同時に接続可能
  • メトロノーム機能、クロマチックチューナー内蔵
  • 寸法 :194(幅)x39(高さ)x138(奥行)mm
  • 重量 :620g
  • 電源 :単三形電池x4またはACアダプターが必要

mp3などのデータ

TASCAM DR-05 Version II
¥12,744~
なんといってもこの機能でこの価格は安い!
ステレオコンデンサーマイクを内蔵したポータブルデジタルレコーダー。サックスなどの管楽器も録音可能です。
2GBのSDカードが付属しており(最大SDHCカードで32GBまで対応)それに込ませておけば、テンポの調整も簡単に出来る上、mp3プレイヤーとしても使えます。
音程をそのままにテンポを変更できるVSA(Variable Speed Audition)機能で、コンパクトなのは練習にピッタリ!!
メトロノームやチューナーの機能も搭載している上、定位を指定できるボーカルキャンセル機能が付いているので、録音によってはサックスの音を消すことも可能です。
単三電池駆動なので、持ち運び時の緊急の時にも安心かも。

 

TASCAM DR-22WL
¥11,750~
自分も愛用しているタスカムのDRシリーズ(自分のは旧製品ですが…)。再生速度の変更、キーの変更、そしてスマートフォンでワイヤレスに扱うことも出来る優れもの。コンパクトに設計されており、持ち運びにも便利。

 

ZOOM H1 Ver.2.0
¥9,720~
ZOOMから登場したレコーダーは波形編集できる「Cubase LE」「Wavelab LE」付属。録音機能だけでなく、オーディオインターフェース(PCでの録音)機能も備えた優れもの。そしてこのコストパフォーマンス!!単体でスロー再生は出来ないみたいですが、作成したデータを入れておけば大丈夫ですね。

 

PCソフトウェア

Wavelab Elements
¥10,265〜
音楽制作の定番の1つでもあるCuabaseのメーカー、Steinbergの波形編集・マスタリングソフト。macでもWindowsでも使用可。

 

 IRT 誰でもできる波形編集2 【IRT0363】 波形編集ソフト
¥4.320~
こちらはWindowsでの波形編集ソフト。低価格ながらもしっかりとしたプログラムです。
Share Button