一生使えるサックス基礎トレ本

ついに私の本がリットーミュージックより出版されることになりました。タイトルは「一生使えるサックス基礎トレ本」。名前のとおり、一生使える基礎トレーニングメニューを網羅した本になります。教わっても忘れやすい練習方法、なかなか思うように出来ないテクニック、、、サックスも基礎トレは重要だと分かっていても手につかない内容かもしれません。

今まで10年間で約300名にサックスを教えてきた経験を活かし、その具体的なサックスの練習方法をP256の1冊にまとめています。

サックスはどのような練習をすればいいのか?

サックスの練習方法で最もポピュラーなのがロングトーン。しかし、そのロングトーンも奥が深い!!

練習方法によってはただのつまらない練習になってしまいます。しかし、意識する場所・鍛える場所を意識するだけで、効果的な練習方法を見つけ、音に結びつける事に重点を置いた内容です。

「ロングトーン」「タンギング」「運指」「スケール」「アルペジオ」「エチュード」「移調」「曲」

全部で8項目に分けた練習内容で、サックス演奏技術を磨くための内容です。

今までに見たことのない内容

この本では今までの本には書かれていなかった練習方法、内容をかなり意識してつくっています。サックスの基礎トレーニングだけで256ページ。これだけでも見たことのない内容です。

よく見かける基礎トレ本でもスケールの羅列、アルペジオの羅列、、、もちろんそれも重要で、この本にも入れています。

しかし、ただの羅列ではない、効果的なスケールエクササイズになっています。

また身体的な技術力を得るため、運指項目では全てのサックスにおける弱点を書いてあります。

つまり、これが出来れば全ての運指は可能になるはずという、強気ですが自信を持って言える内容になっています。

効果とエクササイズ

この本では精神論ではなく、何の目的をもって練習するのかを明確にさせたいと思って書いてあります。ロングトーンだけでも10のバリエーションエクササイズを掲載。

ただ音を伸ばすだけでは鍛えられない、練習の充実化・効率化を目的とした内容になっています。

一生使える本の使い方

タイトルは「一生使える基礎トレ本」です。すべて一朝一夕で出来る内容にしていません。積み重ねることによって着実にできるテクニックを集めています。

しかしサックスの基礎トレーニングは面白くない。。。

全体練習時間の25%位をこの本に費やしてみてください!!確実な演奏力を身につける内容にしています。

1小節だけでも繰り返しやることによって運指や音に対する強化されていきます。

全てのサックスプレーヤーへ

E♭管/B♭管、ジャズ/クラシック、、、全てのプレーヤーに対して効果的な内容にしています。応用は違えど、基礎は全ての楽器において一緒です。今回はそこも重点的に考えて作っております。

CDは2枚付き。1枚はアルトサックス、もう一枚はテナーサックスで録音したCDが付属しています。

CDの限界の長さまで録音した超充実エクササイズです。

制作秘話

総録音時間は30時間以上を超え、自分も体力の限界までやってみました。サックスの弱点を書いた本になるので、もちろん自分も苦手な運指ばかり。。そう簡単にできなかった…。

しかし、1枚録り終えて、2枚目に移行すると、確実に上手くなっている自分がいた!!2枚目のレコーディングが捗る!!

そう、自分で言うのもなんですが、やり方は間違っていなかったと確信しました。

新聞で紹介されました

1800年代から続く地域紙「山陽日日新聞」に9/1の記事でサックス基礎トレ本が紹介されました。

不明な点は聞いてください!!

練習に関しての疑問、質問はお気軽にお問い合わせ下さい!twitterやサックス教室質問ブログでも受け付けております!!

お求めは全国の楽器店、書店、インターネット通販で入手可能です。

お求めは全国の楽器店、書店、アマゾンなどの通販でも入手可能です。

    • 単行本: 256ページ
    • 出版社: リットーミュージック (2010/8/25)
    • 言語 日本語
    • ISBN-10: 4845618486
    • ISBN-13: 978-4845618484
    • 発売日: 2010/8/25
Share Button