ZOOM Q2HDを使ってみました

スタジオにZOOMのビデオレコーダー。Q2HDが導入されていたので使用してみました。

 

実際には以前からあったQ3HDも1920 x 1080のフルHDムービーで撮れていたので、さほど変わらない印象だけど、少し画質が良くなったような印象も受ける。

ただ、マニュアルでのマイク感度の調整で慣れがいるね。普段はタスカムのDR-07MarkⅡを使っていて、それと同じメモリに「4」に合わせると全然入力レベルが小さかった。それを補ってくれるようにおそらくオートゲイン(自動入力調整)が働いたと思うんだけど、レベルが小さいので「ブーン」というノイズが入る。

Q3HDにはこの録音レベルの調整が出来ない。だから、音量によってリミッターがかかり、聞き直す時に音量調整が必要だった。Q2HDにはマニュアル調整出来て有難いと思ったけど、思わぬ落とし穴があった。

バンド全体の録音でももう少し録音レベルを上げれば解消出来るけど、具体的な数値を掴む必要がある。

音の印象はQ3HDの方が好きかな。

これは置く場所にもよるけど、Q2HDは全方向でのマイク感度が売りみたい。だけど、実際のバンド練習で部屋の真ん中に置くとドラムの音がうるさくなっちゃうから、部屋の端っこに置く。しかも、今回は利用したのが大人数のビッグバンドで使用したので、部屋の広さも問題だった。奥まった所に置いたから、全方向で録れるメリットがあまり活かされないってのがあった。
ちょっと低音が強調され過ぎるので、再生時にEQ調整する必要があるなー。

少人数だったらまた違うと思うし、もう値段が2万を切る価格でHD録画ができるので、素晴らしいとは思うけどね。

(ちなみにいつも雑誌の動画はQ3HDで録っています。次号もQ3HDだけど、その次からはQ2HDにします。ただし、音声は別でレコーディングしているので、画像だけなんだけど。)

 


 

Share Button