スペイン製のリードMedirを使ってみました

最近巷で話題の「Medir」というスペイン製のリードを使って見ました。
なんと5枚で¥1,790もする高級リード。どんなものかなと思って。

まず、くわえた感覚は普段愛用しているジャズセレクトに近いかなと。
このパッとくわえた感覚って自分にとっては重要。本当に僅かな差なんだろうけど、普段慣れている感覚じゃないとアンブシュアが気になってしまう。
実はそういう厚さの問題でバンドレンのJavaとかは薄くて苦手だったりします。

とりあえず厚さの問題はクリア。

次に吹奏感。これが結構重かった。
ズシッとくる。いわゆる鳴るポイントまでが結構息を必要とする。息を少しだけ入れてスコーンと鳴るという感じではない。

そしてサウンド
これはその重さに反応するかのように若干ダークな音の印象。
5枚ともきらびやかな印象はない。

全体の印象としてはやはり高級リードと謳っているだけあって、質はいいように感じる。でも、スペイン気質なのか、そこまで丁寧さは感じられないけど…。
それでも結構気に入っているのが、長続きするってこと。

これは吹奏感の重いってことにも関係すると思うけど、変な倍音が含まれてくるヘタッた状態になるまで結構期間がある。というか、ヘタッても変に高音域の嫌な成分がそこまで出てこない。
自分のように1枚のリードを長期利用するタイプには向いているかもしれない。

ということで、しばらくこのMedirのリードを使用します。

Share Button