カイルベルト・フェア

渋谷のウィンドブロスがカイルベルト・フェアをやり始めましたね。

そもそも「KEILWERTH」がどう読むかあまり分かってないのですが…。
自分は「カイルベルス」と読んでますが、「カイルベルト」もあるし、「カールワース」と表記されることもあるし。
ま、どれでもいいんでしょうけど。

で、カイルベルスといえばやっぱブラックニッケルでしょ。
理由はカーク・ウェイラムが使っているというミーハーな理由です。

自分はカーク・ウェイラムというプレイヤーが大好きです。ホイットニーのSaving All My Love For Youとかのサックスとか鳥肌モノ。

そのカーク・ウェイラムが吹いているのがこのカイルベルス。
この動画とか、歌に絡みつくカーク・ウェイラムの甘いサックスとか最高じゃん!!

この甘いサウンドを出している楽器がカイルベルス。
やっぱ気になるよね。

今回はそのカーク・ウェイラムの選定品だとか。

欲しい。
サイン付きCDにクリアファイルも付いてくる。

が、¥557,000…。どう転んでも出ねぇ。

ちなみに、カイルベルスも試奏した印象ですが、やはり音が柔らかく、甘いサウンド。
すごくいいんだよね。

「カーリングトーンホール」って感じで、トーンホールの先端部分が丸く加工してある。
それ故に密閉度もあがるんだとか。

ただし、これもメリットだけじゃないね。

ブラックニッケルってすごく鳴らし辛い材質だと思っています。
故にしっかり息を入れなければならない。息をしっかり入れることが出来るのであれば魅力的なサウンドになるけど、入れることが出来ない場合はホント鳴らない印象。

そして楽器が大きい。特に右手部分。
ドイツ製のサックスって日本製やフランス製に比べて、ちょっと右手を開いたようにして押さえる印象が強い。手が大きい人にはいいけど、小さい人にはあまりオススメできないってとこもある。

あと付属のマウスピースも結構厳しい。
初心者はほんと無理だと思っています。マウスピースだけは吹きやすいものに変えたほうがいいくらい、オープニングが広い。さらにリガチャーも革だから余計鳴らない印象(今は変わったかもしれないけど、数年前まではこの印象です)。

とはいえ、個人的には超気になる楽器に変わりないわけですが。

(あー、いいテナーほしいなー)

Share Button