フィンガリングとリズムを合わせる練習

この4つは半音階で同じ音使い(同じフィンガリング)ですが、始まる音が異なっています。メトロノームを使って練習してみて下さい。一見シンプルで、どれも同じように思えますが、どれかは簡単に感じ、どれかは難しく感じるはずです。

指が覚えるまで練習しても曲の中では使えない事が多々ある場合は特に感じるはずです。
自分はレッスン時に運指の問題よりもリズムの問題を重要視しており、そのフレーズが始まるタイミングにより、感じ方も違うことを知って貰う必要があるからです。

 

また、このフレーズには開放運指のC#が含まれています。このC#は簡単そうに思えて実は、すごく難しい運指です。理由はサックスの場合「何かのキーを押さえたい」衝動があるからです。離す運指も重要なので、このようなトレーニングを行います。
それと同時に、オクターブキーの動かし方も入っているので、その連動トレーニングにもなります。

>>PDFはこちら
>>

Share Button