E関連メジャースケールと小指の練習

EメジャーとE♭メジャー、2つのE関連メジャースケールは両手小指を使用することになります。
この2つのメジャースケールを練習することで、小指の弱点強化という目的が出てきます。

そしてもう一つの攻略のカギが#と♭の読譜力です。
実はこの2つのスケールですが、どちらか1つだけ行うと比較的簡単に行えますが、EとE♭の両方を間違えずに演奏するためには難易度が大幅に増します。

実は攻略のコツが小指の運指と音名の関係。
左手小指はEメジャーでは「G#」、E♭メジャーでは「A♭」の音として出てきます。
右手小指はEメジャーでは「D#」、E♭メジャーでは「E♭」の音として出てきます。
#か♭のどちらか一方で考えるのではなく、メジャースケールのルート音を確認し、どちらかをしっかりと正確に考えて演奏する必要があります。

ミス無く演奏できるようにしましょう。
※但し、小指を押さえっぱなしで演奏するのはダメです。しっかりと押さえる所と離すところを理解することが目的でもあるので。

Eメジャーと小指の練習

ダウンロードはこちら(PDF)

Share Button