アドリブトレーニング用スケール練習

アドリブトレーニング用のスケール練習方法です。

これは各小節の1最初の2分音符のところがCメジャースケールになっており、そこにアプローチするためのジャズ的なメロディー作りのコツとも言える4つの音を足しています。
以前書いたCメジャースケールとアプローチノートの練習からさらに音を足している練習方法です。

「Cメジャースケールとアプローチノートの練習」からさらに1拍前に1音高い音を入れ、半音階でアプローチしています。このような音の入れ方によりフレーズにコード感というものが出てきます。
「フレーズにコード感を感じない」「フレーズを長く吹くことが出来ない」「終わり方が中途半端」などといった場合はこのような練習を行い、フレーズの中に取り入れてみます。

アドリブトレーニング用スケ

ダウンロードはこちらから(PDF)

 

Share Button